斉藤牧場で日々起こっている出来事をお伝えしていきます。

最近の牧場(平成29年7月上旬撮影)

 


北海道も雨が多くなっていますがこの日はとてもよく晴れました。
草が元気に育ち、牛さんもおいしそうに食べています。時には野生の鹿が群れに混じって草を食(は)んでいることもあります。
牛さんたちは毎日険しい山道を登り山頂に移動したり、木陰で休んだりしています。(山頂はとても涼しいのです。)
雨が多くなると困ることは、冬の貴重な飼料となる乾草(ほしくさ)の刈り取りです。
質の良い飼料にするためには晴れの日が続いた晴れた日に刈り取る必要があります。
 

稲穂と、紅葉し始める牧場(平成28年10月6日撮影)



 

牧場への道(平成28年10月6日撮影)



 

紅葉が始まっています。(平成28年10月6日撮影)



 

牧場から見える旭川の風景写真(平成26年6月23日撮影)



 

今年も夏がやってきました。(平成26年6月23日撮影)

青草が元気に育ち、とても気持ちのいい日々が続いています。
これからの暑い夏、牛さんたちは涼しい山頂を目指し毎日移動するそうです。
この日も木陰で気持ち良さそうに休んでいる牛さんたちに出会うことができました。









 

暑い日が続いています。(平成25年7月30日up)

毎日快晴で気温が高いため、牛さんたちも木陰で休んでいました。
子牛も元気に育っているようです。





 

夏も終わりです。(平成24年9月10日up)

少しずつ木の葉の色が紅葉し始め、日も短くなってきました。
涼しくなってきたからか、牛さんたちのお昼寝も少なくなり、昼間でも青草を食べている姿が見られるようになってきました。







 

冬支度が始まっています。(平成23年11月7日up)

もうすぐ冬が到来します。
冬の間の大切な餌となる干草の収穫も無事終了いたしました。






今日は皆で山頂にお出かけか、牛さんの姿は見当たりません…
夏の暑さには弱いですが、冬の寒さには強い牛さん達、写真はまた今度、
お届けできればと思っています。

 

紅葉が始まっています。(平成23年10月13日up)

久々の更新となってしまいました。
牧場ではすでに紅葉が始まっています。
自然が織り成す見事な色の数々と、その山々に包まれて存在する牛さんの風景は、まるで絵画のように美しいです。




 

桜が満開の季節となりました。(平成23年5月25日up)

低温が続く今年の春ですが、斉藤牧場ではようやく桜が満開の季節になりました。
今が盛りの桜と、新緑と、散りゆくコブシの白い花が、素晴らしい景色を織り成しています。




母牛が子牛をなめている姿には、感動をおぼえます。

 

冬目前の斉藤牧場です。(平成22年11月26日up)

11月20日の夕方、サワサワと沢の流れる音を聞きながら牛舎に戻る牛さんの群れと、運良く出会うことができました。
まだ雪は降っていません。気温は1度かちょうど0度位でした。






 

紅葉の季節です。(平成22年10月13日up)

今年の夏は高温で湿度が高い日が多く、牛さんにとって大変な夏でした。

酪農家にとっても、晴れの予報であっても雨が降ったりと、冬のための牧草ロールづくりが大変でした。
(牧草の収穫は、3日間晴れが続かないと、乾燥した良いものができません。乾燥状態が悪いと、カビが生えたり腐ったりしてしまうため、牛さんのエサとしては不合格になってしまいます。
一度でも雨にあたってしまうと、その後よく乾燥させても、草の栄養価等がおちてしまうため、夏の晴れ間はとても大事なのです。。)

そうこうしているうちに気温がぐっと下がり、あっという間に秋が来まして、見事な紅葉となりました。…と思っていましたら、もう紅葉も終わりの季節になってしまいました。なかなか更新ができず申し訳ありません。
こちらでは、もう冬がそこまで来ています。その前に今の牧場の写真をお届けさせていただきます。



 

最近の牧場より(平成22年6月22日up)

先月中旬まで低温が続きましたが、今は牧草が元気に生え、とても気持ちのいい日々が続いています。牛さんもこの季節を謳歌しています。


先月(5月)初旬の斉藤拓美社長との立ち話より…


拓美社長:「気温があがらないね~。」

応援事務センター:「あがりませんね~。ありえない低温ですね。」

拓美社長:「こっちではもうつつじの花が咲いてるんだね~(応援事務センターと牧場は同じ上川管内ですが、20キロ離れています。)
牧場の山の上はまだ雪が残っててね…。ただようやく一日放牧ができるようになってね。」

応援事務センター:「そうですか!ようやくですね!
牛さんはスキップしましたか?(牛さんは本当に嬉しいと、スキップをします♪)」

拓美社長:「いやいや草がまだあんまり生えてきてないからねー。」

応援事務センター:「テンションあがりませんか…」

拓美社長:「あがらないね~。」

…早くあたたかくなって新鮮な牧草をお腹いっぱい食べてもらいたいと思っていましたが、それから1ヵ月半、気温がぐんぐんあがり、草も生え、牛さんも広い野山を歩き回り、北海道の短い夏を謳歌しています。夜は外で寝てしまい帰ってこないこともあるようです…。


今年の冬に生まれた子牛さん



先月中旬まで低温が続きましたが、今は牧草が元気に生え、
とても気持ちのいい日々が続いています。牛さんもこの季節を謳歌しています。

 
冬の牛さんたちの様子です。(平成22年3月1日up)

冬も外へ出るのは楽しいひとときです。
元々牛さんは寒い地域の動物のため、冬には強いです。


 
秋が深まりました。秋の斉藤牧場です。(平成21年10月25日up)
10月10日の斉藤牧場の様子です。

紅葉がきれいです。

紅葉に囲まれた牛舎

山の中腹から見える旭川の町。頂上からはもっときれいに見えます。
それにしても、牧場が広いので、今日牛さんは一体どこにいるんでしょう…。


山の中腹から見える大雪山系。

更に山を登ると…山頂でやっと牛さんの群れに会えました!

山頂は凛とした寒さですが、今日も牛さんは元気です!
私たちも山頂で一緒におにぎりをいただきました。
 
「Celebration of Oneness いのちの響宴」イベント時の写真です。
(平成21年10月25日up)
大変遅くなりましたが、当日の写真をアップさせていただきます。

秋晴れのすばらしいお天気の中、和やかに自転車発電ライブが始まりました。


最高のお天気にめぐまれました!

斎藤晶さんとうさとうさぶろうさんのスペシャルトーク

斉藤牧場応援団長も熱く語らせていただきました!

斉藤牧場応援団の一員で、自然エネルギーの普及に情熱をかける家次さんの雄姿
 

多くの皆様にご来場いただきました。誠にありがとうございました。(平成21年10月2日)

9月27日(日)、雲ひとつない青空の下、「いのちの饗宴 in旭川・斉藤牧場」が開催され、無事終了いたしました。

当日は多くの皆様にお越しいただき、誠にありがとうございました。
近日中に写真をアップさせていただく予定です。

 
◆イベントのお知らせ 

9月27日(日)10時半~ 「いのちの饗宴 in旭川・斉藤牧場」
 

(画像をクリックいただくと拡大します)
(PDF)

デザイナーさとううさぶろうさんが提唱され、毎年行われている平和の祈りのイベント「Celebration of Oneness いのちの響宴」が、今年は、斉藤牧場で開催されます。

皆様のご来場をお待ちしています!

*詳細は下記のホームページをご覧ください。
2009年「Celebration of oneness いのちの響宴」
うさとジャパン
Copyright(C)2009 Saito Bokujou All right reserved.